2015.09.
ワレモコウバラ科
地楡 チユ 民間療法

■ ワレモコウは、日当たりの良い山野に生える多年草で、草丈は50〜100cm程度になります。 茎は直立して上部で枝分かれし、葉は奇数羽状複葉、小葉の先端はやや丸みを帯びます。
9〜10月に楕円体の花穂に花弁のない花をつけ、花穂の先端から基部側に向かって開花します。 ガク片は、小さな花弁様となって4裂し、葯の黒い雄しべが4本あります。ガク片の色は初め淡く、開花が進むにつれて暗紅紫色に変わります。

■ 生薬名チユ(地楡)は、ワレモコウの根茎を干したもので、タンニンやサポニンを含み、収れんの作用があります。 民間薬の領域で、煎液を草によるかぶれや、止血などに使用しました。

属名 Sanguisorba は、sanguis 血 + sorbere 吸収する の合成語で、チユの持つ止血効果からつけられたと見られます。種小名 officinalis は、薬用の、薬になる の意味。 ワレモコウの漢字については、吾木香、吾亦紅、割木瓜、我毛紅 など、たくさんあります。
吾木香 ・ 根の形が木香(モッコウ) ※1 に似ているので、わが国の木香の意味。
割木瓜 ・ 割れ目を入れた木瓜紋(もっこうもん)が、ワレモコウの小花の形に似ているという説。
吾亦紅 ・ この花が自ら、「吾も亦(また)紅(こう)」と訴えたことから・・・・
※1 モッコウ 木香 Saussurea lappa Clarke キク科 アザミに似た花をつけ、根には芳香があり、漢方処方に用いられます。

フィールドでは見落としてしまいそうな花ですが、味わいのある姿から茶花としても人気があります。以前は、普通に見られましたが、機械による草刈りなどで、自生に適した環境が減少した所為か、最近は出合うことが少なくなりました。 未知の薬用成分を探して、いろいろな植物が調査されていますが、ワレモコウについても、その成分から、新たな効果を探る研究がされています。
ワレモコウ  Sanguisorba officinalis L.
このページの先頭へ