2015.09.
ウスバサイシン / ケイリンサイシン ウマノスズクサ科
細辛 サイシン ) [ 局 ] 漢方薬

■ ウスバサイシンは、日陰のやや湿った林床を好む多年草です。 葉は根生葉で長い柄をもち、葉身は長さ5〜10cmの心形です。3〜5月ころに、葉の間から短い花柄を出し、暗紫色から黒紫色の地味な花を、地面すれすれ、ときには接地した状態で咲かせます。 花弁はなく、ガクが肉厚の筒状になり、先は3裂して裂片は平開します。花の中央には、6個の柱頭が放射状に広がり、雄しべはガク筒の内壁面に並んで環状につきます。 結実すると、種子は直下にこぼれますが、蟻が好む種枕がついていて、エサと一緒に種子も運ばれ、広く播種されます。

■ 根の精油成分には、鎮痛、鎮静、解熱の作用があり、小青龍湯などの漢方処方に用いられます。 地上部分には、腎障害をおこす アリストロキア酸 の含有が知られています。日本薬局方では、サイシンはアリストロキア酸の入らない根と根茎だけですが、外国の処方では地上部を使用していることもあります。 処方名が同じであっても、違う部位を使用していることがあり、輸入品の服用には注意が必要です。
和名は、カンアオイの仲間より葉が薄く、細い根は、舌を少し麻痺させる辛味があることから、薄葉細辛 ( ウスバサイシン )の命名。 属名 Asarum は、a 無+ saroein 装飾 が由来とする説など諸説があります。
ウスバサイシン  Asarum sieboldii Miq. / syn. Asiasarum sieboldii F.Maek.
生薬 サイシン の基原植物には、ウスバサイシンとケイリンサイシン 鶏林細辛 と規定されています。 国内産の生薬はほとんどなく、ケイリンサイシンを基原としたものを中心として、輸入でまかなわれています。 ケイリンサイシンは、日本では九州で僅かにみられる程度で、花のガク裂片が、少し反り返ります。
種小名 mandshuricum は、満州産の の意味です。
ケイリンサイシン Asarum mandshuricum (Maxim.) M.Y.Kim.et S.K.So
このページの先頭へ