2015.10.
センブリ  リンドウ科
当薬 トウヤク ) [ 局 ] 漢方薬

■ センブリは、日当たりの良い湿り気のある草地に生える2年草です。 1年目はロゼット状で過ごし、2年目に茎が伸び、高さは30cmほどになります。茎は根際から数本に分岐して直立し、下部では暗紫色を帯びます。葉は対生し、葉柄はなく、葉身は線形です。
花期は10月ごろ、葉腋にひとつづつ花をつけます。花冠は先が5深裂し、縦に紫色のストライプが入り、内側の地は白色、外側は淡い紫色になります。 ガクは線形で5個、雄しべは5、雌しべは1個あって、花冠の基部付近からは多数の細毛が生えます。

■ センブリは、ドクダミや ゲンノショウコなどと共によく知られている薬草のひとつです。 センブリ(千振り)の名前は、千回振り出し(煎じ)ても、まだ苦い(という位苦い)ということからつけられています。成分の スウェルチアマリンなどの苦味配糖体は、残留性の強い苦味があります。 中国では生薬としての利用がなく、日本固有の民間薬です。生薬名の当薬(トウヤク)は、まさに当たる(よく効く)薬の意味です。 民間薬として広く利用されてきましたが、永い間、栽培ができなかったため、野生品を採取していました。そのため、供給に限りがありましたが、栽培技術の確立によって、現在は栽培品を利用しています。

薬用には開花期の全草を使用し、乾燥したものを、苦味健胃薬、整腸薬に用います。センブリの効果は、成分が直接、胃腸に働きかけるのではなく、強い苦味だけを利用しています。
センブリSwertia japonica Makino
即ち、強い苦味を感じることによって、脳が刺激を受けて、唾液や消化液の分泌を促進させ、その結果、健胃・整腸の効果がもたらされるというものです。 一般的には、薬をカプセルなどに入れ、できるだけ服用しやすくしています。そのなかで、センブリなどの苦味健胃薬は、「良薬」は「口に苦く」なければ効果がでないことになります。 他には、苦味チンキ ※1 の材料として、また苦味成分のエキスには毛細血管拡張作用があるため、頭皮の血流を良くすることを目的に、育毛剤にも利用されています。

属名 Swertia は、人名由来です。
※1 苦味チンキは、苦味健胃薬として、また他剤を飲みやすくするために配合されるチンキ剤です。
センブリの他に、 サンショウ、トウヒ(橙皮:ダイダイの果皮)が使用されます。
このページの先頭へ