2015.10.
サラシナショウマ キンポウゲ科
升麻 ショウマ ) [ 局 ] 漢方薬

■  サラシナショウマは、草丈1m程度の多年草で、山地の半日陰に自生します。 葉は2〜3回3出複葉で、小葉は卵形で4〜7cm内外、浅く3裂して、さらに不規則な鋸歯がつきます。
9〜10月頃、林の中でも良く目立つ、長さ20〜30cm程度の円柱状の穂状花序をつけます。花序には花柄のある白い小花が密生し、花弁に見える白いガク片は早落します。 雄しべは10mmほどで白色、ガク片が落ちた後も残るので、棒状のブラシのように見えます。 果実は袋果で、先端を上に向けた袋果の上部が開き、冬の初めに翼の付いた種子を飛ばします。

■ 根茎を薬用とし、解熱、解毒、鎮静、鎮痛などの目的で漢方に処方されます。 民間療法でも、煎液を口内炎や扁桃腺炎のうがいに、また、草かぶれなどの外用にしました。

和名のサラシナショウマは、春の若芽をゆでて、水に晒し食用にしたところから晒菜(サラシナ)。ショウマは、中国名の升麻 ※1 から。
属名の Cimicifuga は、cimix ナンキンムシ+ fugere 逃げる から。悪臭があって南京虫も逃げだすという意味とされます。ただし、サラシナショウマには、そうした臭いはないようです。 種小名 simplex は、単一の、単生の、無分岐の の意味。これも、茎の上部で分岐して、複数の花序をつけることがよくあります。

※1 升麻とは、「葉は麻に似て気を上升(上昇)する」としての名前です。 実際には、サラシナショウマとアサ(麻)の葉の形状は似ていないので、理由が不明です。
サラシナショウマ Cimicifuga simplex Wormsk
このページの先頭へ