2015.10.
サンショウ ミカン科
山椒 サンショウ ) [ 局 ] 漢方薬・香辛料

■ サンショウ 山椒は、日本及び朝鮮半島南部に自生する、雌雄異株の落葉低木です。 葉は奇数羽状複葉で互生、小葉は卵形から楕円形で、縁には浅い鋸歯があり、先端は凹みます。葉腋には対生のトゲがあります。幹はすりこぎの棒に利用されたり、 芳香がある若葉は、木の芽と呼ばれて料理に添えられます。 アゲハチョウ( ナミアゲハ )の幼虫の食草のひとつとしても知られています。

花期は4〜5月ころで、花は黄緑色、雄株は上部の枝先に円錐花序をつけ、小花には5〜7個の雄しべと小さな花被片がつきます。 雌株では花の数が少なくなり、小花は普通2個の子房と花被片を5〜7個前後つけます。子房は2個に分果し、それぞれ種子を1個入れた丸い果実となり、秋に赤く完熟します。
果皮は、精油成分のシトロネラール citronellal や、麻痺性辛味成分の サンショール sanshool を含みます。 香辛料や芳香性健胃薬として、漢方では、健胃や駆虫を目的とした処方に用いられています。その他には、センブリ、ダイダイと配合した食欲増進薬の苦味チンキ[ 局 ]の原料にもされています。 種子は、椒目(しょうもく)といい、民間薬として利尿に使われました。
サンショウの品種に、トゲのないアサクラザンショウがあります。 葉は互生で、サンショウと同様の利用をされています。
サンショウ Zanthoxylum piperitum DC. アサクラザンショウ
Zanthoxylum piperitum DC.f.inerme Makino
属名 Zanthoxylum は、黄色い zantho〜 (= xantho〜)+ 木 xylon を意味し、これは、サンショウ属のいくつかが、その根を黄色い染料にしたためといわれます。 種小名 piperitum は、コショウのような。品種名 inerme は、武装のない、トゲのない の意味です。

2015.10.
イヌザンショウ 犬山椒カホクザンショウ 華北山椒
セイショウ青椒) / カショウ花椒 民間薬・香辛料

■ イヌザンショウ 犬山椒は、日本から東アジアの山野に分布する、雌雄異株の落葉低木です。 葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は長楕円形〜広披針形、やや厚く細かな鋸歯があります。 サンショウのような芳香がなく、サンショウよりも大きな1cmほどのトゲが互生します。果実をセイショウ(青椒)といい、民間薬として、咳止めなどに使用していました。
種小名 schinifolium は、ウルシ科サンショウモドキ属 (Schinus 属)のような葉の。

カホクザンショウ 華北山椒 は、中国産サンショウ属で、樹高7mほどになる落葉高木です。実が熟すと赤い果皮が花のようにみえることから花椒(カショウ)と呼ばれています。 葉は互生、奇数羽状複葉で、小葉はサンショウよりもやや丸みを帯びます。鋸歯は小葉の先半分にあり、元の半分では目立たないという特徴があります。トゲは対生。雌雄異株。 秋に赤く熟し、果皮が裂開して、黒い種子がこぼれます。
果皮は痺れるような辛さがあり、四川料理に欠くことのできない香辛料、花椒(ホアジャオ)として多用されています。 漢方では、花椒または蜀椒(ショクショウ)の名前で、サンショウと同じように、健胃、鎮痛、駆虫に利用されます。
種小名 bungeanum は、人名由来。
イヌザンショウ
Zanthoxylum schinifolium Sieb.et Zucc.
カホクザンショウ
Zanthoxylum bungeanum Maxim.
このページの先頭へ