2015.09.
リンドウ (リンドウ科
龍胆 ( リュウタン ) [ 局 ] 漢方薬

■ 欧米ではゲンチアナGentiana lutea L.が苦味健胃薬として用いられるのに対し、東洋では、同属の トウリンドウなど ※1 を基原植物とする生薬の龍胆(リュウタン)が使用されました。 両生薬の苦味成分ゲンチオピクロシドは、強い苦味に舌や脳が刺激されて、唾液や胃液、胆汁の分泌が促されます。 これにより胃腸の働きが良くなり、食欲不振、消化不良などに効果があります。苦味を感じることが必要で、苦いからとカプセルに入れては効果が得られない生薬です。

※1 リュウタンの基原植物は、次の3種です。
・ トウリンドウ Gentiana scabra Bunge
・ マンシュウリンドウ Gentiana manshurica Kitagawa
・ トウオオヤマリンドウ Gentiana triflora Pallas


■ 日本のリンドウは、中国や朝鮮半島などに分布するトウリンドウGentiana scabra Bunge の変種になります。 山野に自生する秋咲きの多年草で、茎は直立または斜上し、草丈は 20〜30cmになります。葉は対生し、葉身は披針形で全縁、葉柄はなく基部はやや茎を抱きます。 花の下には、葉がまとまって輪生状につきます。

花期は11月ころ、茎頂や上部の葉腋に数個の花を上向きにつけます。花冠は青紫色、長さ3〜4cmの釣鐘状で、先端は5裂して、裂片の間にも小さな裂片があります。 雄しべは5本、子房上位で柱頭は小さく2裂します。晴れている日に開き、夜間や曇りの日はつぼみます。
 リンドウ
Gentiana scabra Bunge ver.buergeri Maxim.
日本産の変種も、かつては基原植物に含められていました。しかし、リンドウ基原の生薬が実質的に流通していない実情に合わせて、対象から外されました。 なお、リュウタンの使用量は減少していて、ゲンチアナを用いることが多くなっています。

生薬名の龍胆(リュウタン)は苦いものの代表である熊の胆 ( 熊胆、ユウタン ) より、さらに苦いので、熊より強いものとして龍を当てたとする説が有力です。 古名には、笑いが止まるほどの苦さということで、笑止草(えやみぐさ)もあります。和名のリンドウは、漢名の龍胆の音が由来とされます。 属名 Gentiana は、古代の王 Gentius の名前からとされます。種小名 scabra は、凸凹ある、ざら付いた。変種名 buergeri は、人名由来です。
このページの先頭へ