2015.09.
オケラ オオバナオケラ  キク科
白朮 ビャクジュツ ) [ 局 ] 漢方薬

■ その昔、山でうまいは、オケラにトトキ、里でうまいはウリ、ナスビ。といわれたように、オケラの若芽はおいしい野草として知られます。 京都の八坂神社で大晦日の夜、たき火にオケラをくべる 「 をけら詣り 」 という行事があることや、元旦の屠蘇散に配合されているように、古くから薬用として利用されてきました。 日本では本州から九州に、他には朝鮮半島や中国に分布し、草丈30〜100cm程になる多年草で、林縁などに自生します。

茎は細く硬く、葉は互生し、質は革質で葉縁には刺状の鋸歯があり、茎の下部の葉は3裂あるいは奇数羽状複葉になります。 花期は9〜10月頃、白色からごく淡い紅紫色の筒状花だけの頭状花序をつけます。頭花の下側には、魚の骨を思わせる細い羽状の苞葉がつきます。 総苞はトゲ状になりませんが、羽状の苞葉があるために、外観はややアザミに似ます。
 オケラ  Atractylodes japonica Koidzumi et Kitamura
■ オオバナオケラは中国原産で、日本の自生はなく、名前の通り大きな花をつけます。 管状花は紅紫色から紫色をして、草丈は 30〜80cm程(栽培種)になります。葉は倒卵形で、縁には刺状の鋸歯があります。

オケラは和白朮、オオバナオケラは唐白朮と、区別する場合もあります。 ともに根茎を、健胃、利尿、強壮薬、止汗を目的として配合されています。 漢方処方の 十全大補湯、当帰芍薬散、防風通聖散、逍遥散、六君子湯など、配合例の多い重要な生薬のひとつです。

古名はうけら。古語でうけらといった蓑を、三裂した葉に見立てたという説。密生する毛を「うぶ(生)毛ら」といったのが短縮したとするものなど諸説あります。 「おけら」は「うけら」が訛ったものです。属名 Atractylodes は、atrakton 紡錘 の意味で、総包の形から。種小名 ovata は、卵円形の の意味で、葉の形からの命名です。

類似生薬 蒼朮 (ソウジュツ)
 オオバナオケラ  Atractylodes ovata DC.
このページの先頭へ