2015.09.
ホソバオケラ / シナオケラ  キク科
蒼朮 ソウジュツ ) [ 局 ] 漢方薬

■ ホソバオケラは、 中国原産の多年草で、生薬名・蒼朮と呼ばれ、日本よりも、中国で多く使用されています。 江戸時代には、各地で栽培されましたが、特に新潟県佐渡市( 佐渡ケ島 )の栽培品は、サドオケラの名前で呼ばれ、現在でもわずかに栽培が続けられています。 原産地の中国で、資源の減少と品質の低下が危惧される状況のなか、当時移入された優良な系統が保存されていたのは、意味のあることといえます。

ホソバオケラは、 根茎から細く硬い茎が立ちあがり、草丈は50〜80cm ほどで、茎の上部で分枝します。葉は互生し、葉身は披針形、葉縁には先端がトゲ状になる鋸歯があります。 花期は8〜9月で、白色からわずかに紅紫色を帯びる管状花の頭状花序を茎頂につけます。総苞の基部には羽状に深列した苞葉がつきます。

シナオケラは、中国河北省などに産しますが、精油成分はホソバオケラより劣っているとされます。 以前は、別種とされていましたが、ホソバオケラの変種、または、形態上の相違点が見られないとして、同じ扱いとする説もあります。

■ 蒼朮の成分としては、白朮と類似しますが、精油の量が多いなどの違いがあり、使用目的も健胃、利尿、発汗、 解熱薬と若干異なります。 漢方処方の加味逍遥散、当帰芍薬散、補中益気湯などに配合されています。
種小名 lancea は、槍のことで、葉の形から披針形を意味します。

類似生薬 白朮 ビャクジュツ
ホソバオケラ Atractylodes lancea DC. シナオケラ
Atractylodes lancea DC.var.chinensis Kitam.

このページの先頭へ