2015.09.
ミソハギ / エゾミソハギ (ミソハギ科
千屈菜センクツサイ 民間薬

■ ミソハギは日本および朝鮮半島に分布する多年草です。 田の畦のような水辺や湿地を好みますが、鉢植えでも栽培できます。草花の少ない、旧暦お盆の時期に花を咲かせ、仏花として供えられる習慣があります。

根際で数本の茎を出し、それぞれ外側に向かってわずかに這った後に直立し、上部で数本に分岐します。茎は無毛で、4稜があり、断面は方形です。 葉は狭楕円形で長さ3〜5cm、十字対生(交互に90度の方向に出るので、上から見ると十字にみえる)します。 花は紅紫色で花弁6枚、花径15mm〜20mmで、先端部付近の葉腋に1〜3づつつきます。ガクは筒状になり、筒の縁に突起状の付属体があり開平します。

近縁のエゾミソハギは、ユーラシア大陸や地中海沿岸まで広い地域に分布します。 ミソハギよりも大型で、茎や葉に短毛が多く、 葉の基部が茎を抱きます。ガクの付属体は、開平せず、前方に向かって伸びます。

■ ミソハギ、エゾミソハギとも、全草を乾燥させたものを、生薬名・千屈菜といい、民間薬の下痢止めとしました。
ミソハギ Lythrum anceps Makino
和名は、萩に似て溝に生えることで溝萩(みぞはぎ)、そこから転訛したとする説、禊(みそぎ)に使ったとして禊萩(みそぎはぎ)由来説があります。 属名 Lythrum は、花が紅いため、血 lytron 由来。種小名 anceps は、二稜形の。salicaria は、ヤナギ Salixに似た。の意味です。
エゾミソハギ Lythrum salicaria L. 短毛が多い ミソハギ ガク付属体が開平しています
このページの先頭へ