2015.09.
コガネバナ  シソ科
黄ゴン※1  オウゴン ) [ 局 ] 漢方薬
※1  「ゴン」 は草冠に 今

■ コガネバナ 黄金花 はロシアからモンゴル、中国に分布する、多年生草本です。 日本の自生はなく、享保年間に徳川吉宗の生薬国産化計画の一環として、朝鮮から種子を導入し、小石川療養所(現・通称小石川植物園)で栽培したのが最初とされています。

茎は根本付近から叢生して、横に這い広がり、先端部分は立ち上がって、高さは50cm内外になります。葉は無柄、披針形で対生します。花期は7月から9月、茎の上部が数本に分岐し、茎頂に穂状花序つけます。 小花は淡紫色から紫色の筒部の長い唇形花で、花茎に対生してつき、花序ごとに一方向に偏って咲きます。高温多湿にはやや弱いものの、花が美しく栽培しやすいことから、観賞用にもされています。 果実は小さな球状で、ガク片の小さなお皿に乗せられたように納まって黒く熟します。

■ 薬用には根の皮を除いたものを、生薬名をオウゴンといい、主要な成分のバイカリンには、抗炎症、抗アレルギーの作用があります。 漢方では消炎、解熱などを目的として繁用され、三黄瀉心湯、小柴胡湯、黄連解毒湯など各種の漢方薬に配合されています。 オウゴンエキスを利用するケースもあります。

花が紫色なので、しっくりとしない和名は、生薬とする根が黄色いことからの命名です。葉が柳の様であるとして、コガネヤナギの別名もあります。
属名 Scutellaria は、小さな皿を意味し、ガクを皿に見立ててつけられています。種小名の baicalensis は、ロシアのバイカル地方の原産であることからの命名です。
コガネバナ Scutellaria baicalensis Georg
このページの先頭へ