2015.08.
シナマオウ / チュウマオウ
キダチマオウ(モクゾクマオウ)
マオウ科
麻黄 マオウ ) [ 局 ] 製薬原料・漢方薬

■ マオウ科はマオウ属だけで構成される裸子植物の分類群で、世界の乾燥地帯に分布しています。 日本には自生していないグループで、草質の地上茎にエフェドリン ephedrine を多く含むものがあり、干した茎を鎮咳去痰に用いました。 生薬名を麻黄といい、日本薬局方では、Ephedra sinica 、E.intermedia 、E.equisetina の3種が、基原植物として収載されています。 多くは中国から輸入され、かつては喘息治療薬の塩酸エフェドリンの製造原料 ※1 にもされました。

マオウ(麻黄)の基原植物3種は、外見が類似する常緑低木で、中国北部やモンゴルの半砂漠から砂漠地帯に自生します。 木質部分の節から、草本状の茎を束生し、また良く分枝し、縦筋が入る茎は、シダ類のトクサ属( Equisetum ) に似ています。 葉は水分の蒸散を減らすために鱗片化して、緑色の茎の節に膜質鞘状になってつきます。葉が小さいため、光合成は、緑色の茎が代わりに行います。
普通、雌雄異株で、雄花は球果のような淡黄色の花序をつけます。花期は5月ころ、雄しべは短い扁平な花糸を伸ばし、先端部分に数個の葯をつけます。 花糸は1本を共有することや、中程から2〜4裂することもあり、花糸の先につく葯の数もバラつきがあります。 雌株では、節から花茎を伸ばし、茎頂に雌花を単性します。夏には肥厚した苞が、赤い液果状になって、種子を包み込んだ偽果をつけます。
※1 現在、塩酸エフェドリンは合成されています。

■ 日本国内に流通している麻黄は、主に シナマオウ を原料にしています。 高さは40cmほどで、草麻黄 ( ソウマオウ )とも、また単に マオウ 本種を指すことが多い)とも呼ばれます。
麻黄(マオウ)の「麻」は、アサ 麻 Cannabis sativa ではなく、咬むと舌が麻痺することから。「黄」は、マオウが黄緑色であることからの名前です。 種小名 sinica は、中国の という意味で、和名も同じ理由によります。 属名 Ephedra は、 epi 〜の上+ hedra 座るところ、地面 を語源とし、荒れた乾燥地に自生することから、石の上に生じる という意味とされます。

以前、日本薬局方では、フタマタマオウ E.distachya Stapf、別名、双穂麻黄( ソウスイマオウ )も基原植物としていました。 シナマオウ と外見がやや異なるとされますが、中国では、植生環境による変異として、従来から同一種として輸出されてきました。 これにより、日本薬局方ではフタマタマオウの名前を削除して、今日に至っています。
シナマオウ Ephedra sinica Stapf

チュウマオウ 中麻黄(またはアイマオウ 合麻黄) は、モンゴルから中央アジアに広く分布します。 種小名 intermedia は、中位の、中間の の意味で、高さ1m程になります。
チュウマオウ 中麻黄 Ephedra intermedia Schrenk et C.A.Meyer

キダチマオウは、中国北西部から中央アジアに分布し、乾燥した砂礫地などに自生しています。 高さは1mほどになる小低木で、木賊麻黄(モクゾクマオウ、トクサマオウ ※2 )とも呼ばれます。 種小名 equisetina は、トクサ科の Equisetum から。

※2  トクサは、マオウの増量のために混ぜられたことがあり、日本薬局方では純度試験について、 「トクサ科、イネ科の茎・・・その他の異物を含まない(抜粋)」と、わざわざ科名を挙げて規定しています。

■ エフェドリンは、1885年、日本の薬学者・長井長義が初めて抽出に成功しました。現在でも、喘息治療や気管支拡張薬などの重要な医薬成分ですが、無闇な利用は危険を伴います。
キダチマオウ Ephedra equisetina Bunge
過去に、アメリカでエフェドラと称するダイエットサプリメントに使用され、多数の死亡事故や健康被害が発生しました。現在、当該成分入りのサプリメントは、アメリカや日本などでは禁止されています。

乾燥地帯では、限られた種による繊細な植生であることが多く、環境への過度な攪乱は、砂漠化を進めるという環境破壊の懸念があります。 中国では、砂漠化の防止という環境保護のために、無秩序な採取を禁止し、カンゾウ同様にマオウも輸出規制をするようになりました。 ただ、薬用成分については全合成ができること、栽培についても、カンゾウ (甘草)ほどの困難はないことなどから、対応は可能な状況とみられます。
このページの先頭へ