2015.07.
キカラスウリトウカラスウリオオカラスウリ  ウリ科
カロコン   [ 局 ] 製造原料

■ 生薬・カロコン(カ楼根、カは木へんに舌)の基原植物は、キカラスウリ Trichosanthes kirilowii var.japonicaオオカラスウリ Trichosanthes bracteata トウカラスウリTrichosanthes kirilowii の3種とされます。 薬用部位は芋状の塊根で、皮層を除いたものがカロコンとなり、利尿、解熱・口渇などの目的で、漢方処方に配合されます。
3種とも 雌雄異株のつる性多年草で、他の木などに絡まり成長します。夏の夜間に白い花を咲かせ、花冠の先をやや反り返らせて5裂し、さらに糸状に細く裂けます。 雄花は葯が合着して柱状になり、その上部を花冠の開口部から覗かせます。雌花は基部の子房が膨らむので、蕾の時点で雌雄の区別ができます。 開花後は、花冠の中央部から、緑色の柱頭をわずかに出します。花冠と合着したガク筒が長いため、花粉の媒介は、口吻の長いスズメガの仲間が行います。


■ キカラスウリ 黄烏瓜は、日本特産で全国に広く分布します。 地下の塊根にデンプンを多く含み、以前はそのデンプンを用いて天瓜粉(てんかふん)を作りました。葉は広心形で、先は3〜5中裂しますが、ほとんど裂けないものもあります。 表面は短毛を散生しますが、カラスウリのように密生しないためザラつくことはなく、濃緑色で光沢があります。

花は夕方から開き始め、翌日の午前中にまで長く咲くので、明るいうちに見ることができます。果実は球形で、縦方向に筋状の凹みがあり、初め緑色、9〜10月頃に黄色く熟します。種子は扁平な楕円形です。
属名Trichosanthes は、ギリシア語由来の 毛 thrix と 花 anthos の合成語で、花冠が細かく裂けて糸のようになることから。 種小名 kirilowii は、人名由来。変種名 japonica は、日本の、日本産 の意味です。
 キカラスウリ Trichosanthes kirilowii Maxim.var.japonica Kitam.

■  トウカラスウリ 唐烏瓜は、朝鮮半島から中国・ベトナムに分布し、シナカラスウリ、チョウセンカラスウリともいいます。 キカラスウリの基本種 ※1 で、葉は心形で3〜5裂し、濃緑色で艶があります。

※1 ひとつの種のなかに、亜種や変種があるとき、最初に記載された種を 基本種 といいます。 その場合、基本種の学名は、種小名を繰り返して書き、命名者は(すでに記載されているので)改めての記載は省きます。
トウカラスウリ Trichosanthes kirilowii Maxim.var.kirilowii

■ オオカラスウリ 大烏瓜は大形のつる植物で、兵庫県から東アジア、インドまで分布します。 葉は心形で、掌状に5〜7中裂し、さらに裂片の縁には疎らな歯牙鋸歯があります。表面には剛毛があり、葉縁は上下に波打ちます。 花には4cmほどの大きな苞がつくことから、苞葉のある という意味の種小名 bracteata がつけられています。果実は径6〜7cmの楕円体から球形で、朱赤色に熟します。
 オオカラスウリ Trichosanthes bracteata Voigt
このページの先頭へ