2015.07.
カラスウリ ウリ科
民間薬

■ カラスウリ 烏瓜 は、本州以南〜中国に分布する雌雄異株のつる性多年草です。 東北地方南部からは普通に見られ、他の樹木などに絡まり成長し、広い範囲につるを伸ばして繁茂します。葉は心形で3〜5浅裂し、表裏とも粗毛が密生して光沢はなく、触るとザラつきます。

雌株は通常1個の雌花を、雄株は数個の雄花を、上部の葉腋につけます。雌花は、基部の子房が膨らむので、蕾の時点でも区別ができます。 花は夏季の日没後に、暗くなってから咲き始めます。ガク筒が6cm内外あり、花冠の先は5裂してやや反り返り、裂片の縁は細い糸状になって広がります。
雄しべは3本あり、花糸は短く5mm程、葯はS状に短く折りたたまれ、3本が合着して円柱状になります。花冠の開口部から、合着した葯の上部を覗かせます。 雌しべは子房から花柱を伸ばし、先端近くで3裂して、緑色の柱頭を花冠からわずかに表に出します。 開花時間は短く、数時間でしぼんでしまいます。受粉はガク筒が長いため、口吻の長いスズメガの仲間が行います。
 カラスウリ Trichosanthes cucumeroides Maxim.
■ 果実は液果で、5〜7cmの楕円体から球体になり、若い実は緑色で縦に白い筋の模様が入ります。 熟すと独特の朱色になって目立ち、中には黄緑色の果肉に包まれた種子が、20個ほど入ります。 種子の形状は、カマキリの頭部に似ているとか、大黒様の打ち出の小槌として、財布に入れておくと財産が貯まるなど、・・・ いろいろな見方があります。 別名 タマヅサは、種子を結び文に見たてたもので、手紙を意味する玉梓(または玉章)からきています。同じ見立てで、ムスビジョウ(結び状)の別名もあります。
和名の由来については、カラスが好んで食べるからという説がありますが、果肉はヌルヌルして不味い ※1 とされます。 赤い色は、鳥に対するアピールカラーなのに、食糧難の冬になっても残っているところをみると、好んでという言葉は当てはまらないようです。 他にも説があり、大きさを表している説、残っている果実をカラスの食べ残しとみたて名付けた説、唐の朱墨に形が似ている(カラスミ→カラス)説があります。 4つの説の中では、他の植物名 ※2 などから見て、大きさを表しているとする説が有力とみられます。

※1 この「不味い」は、カラスではなく、試食した人の感想です。
※2 大きさや形を 表す例えとして、慣れ親しんだ動物名がよく使われます。
(例) カラスビシャク、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、スズメウリ、スズメノテッポウなど


秋に地上部は枯れますが、根塊にデンプンを蓄えて越冬します。昔は、民間療法などに、またキカラスウリの代用として、薬用に利用しました。 普通、種子繁殖を行いますが、つるの先端が下垂して地表に接すると、そこから地中に潜って根塊をつけるという栄養繁殖もします。
種小名 cucumeroides は、キュウリ属に似た の意味です。
このページの先頭へ