2015.07.
コウホネ 川骨 スイレン科
川骨 センコツ ) [ 局 ] 漢方薬

■ コウホネは、全国の池や沼に自生している水生の多年草で、池底の泥中にある根茎から、葉や花柄をのばします。 葉には、水上にでる「抽水葉」と、水中にとどまる「沈水葉」の2種類の異なる形態があります。抽水葉は質は厚く艶があり、葉身は20〜30cmになります。沈水葉は水の抵抗を少なくするため、膜質で細長く、縁は波打ちます。
葉を展開した後、5〜7月にかけて径3cm程度の艶のある黄色の花をつけます。花は雌性先熟で、大きな花弁状のものはガクにあたり、その内側に同じ色の小さな花弁と、多数の雄しべがあります。 中心部にある雌しべは先端が盤状になり、表面に柱頭が放射状につきます。
花後、ガクは緑色に変わり、水中に沈んで結実します。種子繁殖しますが、発芽率が悪く、根茎による栄養繁殖が多いとみられています。
コウホネ 川骨 Nuphar japonicum DC.
■ コウホネは、泥中にある根茎を薬用とします。 タンニンやアルカロイドなどを含み、月経不順や更年期障害などの婦人薬、打撲の消炎に効果があるとして、希に漢方処方に配合されます。

根茎は白く太く、葉痕や花柄痕がついて、白骨に似るとして、川辺にある白骨で、川骨(または河骨)から和名コウホネとなりました。 同じ川骨で、生薬名はセンコツといいます。属名 Nuphar は、アラビア語のスイレン neufar を語源とし、種小名 japonicum は、日本の、日本産 の意味です。
このページの先頭へ