2015.07.
キキョウ  キキョウ科
桔梗 キキョウ ) [ 局 ] 製造原料・漢方薬・食品

■ キキョウは、東アジアに自生する多年草で、草丈は50〜100cmになります。 秋の七草 ※1 のひとつとして知られ、鮮やかな青紫色の花は、園芸でも人気があります。 店頭で普通に見られますが、日本の野生のものは絶滅危惧種になっています。

葉は互生し、葉身は長楕円形で鋸歯があります。 花は葉腋や茎頂につき、花冠は青紫色、先は5裂して大きく広がり星形になります。雄しべは5本、雌しべは1本で、初めは1つの柱状にまとまっています。 キキョウは、雄性先熟の両性花で、開花直後は雄性期になります。柱頭は閉じ、雄しべの花粉の活性がなくなってから、柱頭が5裂して雌性期がはじまります。 7月以降の盛夏を中心に咲きますが、10月ころまで次々と咲き続けます。

■ 薬用とするキキョウの根は、オタネニンジンに似た外観をしています。 キキョウサポニンなどを含み、鎮咳、去痰、鎮静、鎮痛、抹消血管拡張作用などがあり、製薬原料や漢方処方に利用されています。 朝鮮半島では、トラジといい、根茎を食用にします。 毒性のあるサポニンも含むことから、水でさらして有毒成分を抜く必要があります。

和名は漢名・桔梗の音読み(呉音)ケチキョウが訛ってキキョウになったとする説があります。 属名の Platycodon は、広がった釣鐘 の意味で花の形からつけられ、種小名 glandiflorum は、大きな花 を意味します。 英名は、蕾の形を風船にみたてて balloon flower 。

※1 万葉集に山上憶良が詠んだ有名な「秋の七草 ※2 」の歌があります。
萩が花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)が花 女郎花(をみなへし) また藤袴 朝貌(あさがほ)が花
7番目の朝貌(あさがほ)は、現在のアサガオ Ipomoea nil ではなく、別の花とみられています。 万葉集には他にも朝貌の歌があり、イメージとしてまとめると、秋の野にあり、朝も夕方も美しく咲き続け、蕾は想いを秘めているような形・・・となります。 ヒルガオ、ムクゲ、そのままアサガオとする説もありましたが、自生種の草本で、1日花でない キキョウとする説に落ち着きました。

※2  新旧の暦はおおよそ1ケ月の違いがあり、万葉の秋の野は、現代の夏の野にあたります。 また、時代によって異なる組み合わせの七草があります。
キキョウ
Platycodon glandiflorum A.DC.
 白花種  P.glandiflorum A.DC.
form.albiforum Hara
このページの先頭へ