2015.06.
アカヤジオウ  ゴマノハグサ科
地黄 ジオウ ) [ 局 ] 漢方薬

■ アカヤジオウは、中国原産の多年草で、乾燥気味の場所を好みます。 草丈は15〜30cmになり、全草に白い柔かい毛が密生します。葉は主に根際から出て、茎には小さな葉が数枚つきます。葉身は長楕円形で、鋸歯があり、表面の葉脈は窪んで皺になります。
4〜5月に花茎を立ち上げ、総状に花柄のある淡紅紫色の花を数個つけます。花冠は筒状で先は5浅裂、唇形になり、横向きに咲きます。 カイケイジオウは、草丈15〜40cmと、全体にやや大型になります。 アカヤジオウによく似て、その根茎は肥大しますが、地上部だけでの区別は困難です。

■ 日本でも栽培され、薬用にする根は黄色く、肥厚して横に這います。 根は生薬名を地黄(ジオウ)といい、滋養、補血を目的として、八味地黄丸、四物湯、十全大補湯などの漢方処方に配合されます。 生のままの根茎は鮮地黄(センジオウ)、天日で干したものを乾地黄(カンジオウ)、蒸して乾燥したものを熟地黄(ジュクジオウ)といいます。ジオウとだけいう場合は、普通、乾地黄を指します。

和名の由来は、漢名・地黄の音読みから。花の色が黄白色の シロヤジオウ var.lutea があり、対して紅紫色の花をつけるのでアカヤジオウとされた模様です。 属名 Rehmannia は、人名由来。種小名 glutinosa は、粘液を被った、ネバついた。変種名 purpurea は、紅紫色の の意味。 品種名 hueichingensis は、品種名・懐慶地黄のピン音由来とみられます。
アカヤジオウ
Rehmannia glutinosa Libosch.var.purpurea Makino
カイケイジオウ
Rehmannia glutinosa f.hueichingensis
このページの先頭へ