2015.06.
アマメシバ コミカンソウ科 ← トウダイグサ科)
野菜
■  アマメシバ 天芽芝は、東南アジアの熱帯雨林を原産地とする、樹高1.5m程度になる常緑低木です。 茎や葉は無毛で艶があり、葉は深緑色で互生し、葉身は5〜10cmほどの披針形、全縁で短い葉柄があります。 原産地の開花は、ほぼ周年とされ、葉腋に短い雌雄異花の花序をつけます。同じ茎の基部に雄花、途中から雌雄が分かれて先端部に雌花がつきます。 雄花は周囲は緑色、中心部が暗紫色で雄しべは黄色、雌花は 暗紫色のガク片6個に淡い暗紫色の雌しべがあります。 果実はやや扁平な球形で白緑色、ガク片は残存して、種子は黒熟、果皮は3裂します。

■ 東南アジアの国々では、昔からアマメシバの新芽や葉を、茹でて野菜として食用にしていました。 一般的に、コミカンソウ科やトウダイグサ科の植物は、食用に適さないとされ、アマメシバも食用に不向きな成分を含んでいます。 ほぼ毎週食べるといわれますが、健康被害の報告 ※1 はないので、茹でることで有害な成分が除去されていたとみられます。

原産地では、根を薬用として用いることがあるようですが、詳細は不明です。 和名 アマメシバ 天芽芝の由来不明 ※2 です。 属名 Sauropus は、由来不明 ※3 。種小名 androgynus は、(花序などに)雌雄花の混ざった の意味。英名は Sweet leaf bush で、新芽は甘みがあるといわれます。
果実の形状が面白く、観賞用になりますが、生育環境が25〜30℃と高いため、温室での管理が必要です。

※1 粉末の大量・長期摂取による健康被害報告  厚生労働省ホームページ医薬食品局安全情報参照 平成15年9月11日
※2 由来を憶測すると、甘い新芽で 甘芽から天芽に。山野の小雑木をさす「柴」が転じて「芝」に。英名の直訳・甘芽柴から?
※3 やはり憶測で、小枝の下垂をトカゲ sauros の尾に例えたのでしょうか?
アマメシバ Sauropus androgynus (L.) Merr.
このページの先頭へ