2015.06.
ゲンノショウコ  フウロソウ科
現証拠 ゲンノショウコ ) [ 局 ] 民間薬

■ ゲンノショウコは、ドクダミやセンブリなどと並ぶ代表的な民間薬です。 名前は下痢止めとして、「現の証拠」または「験(=効果)の証拠」の効能があることに由来しています。連用しても便秘になりにくく、多少、摂りすぎても副作用が少ないことから、すぐれた整腸止寫薬といえます。

7月から8月に地上部を採取し、泥を洗い落して日干しにしたものを煎じて用います。開花期に採取する理由は、この時期には、成分(葉中のタンニン含量料)が最も充実していることによります。 また、花が咲いていれば、芽吹きの時期の他の植物と間違えないという点もあります。ゲンノショウコは、若葉を山菜とするニリンソウや、有毒のトリカブトの葉と似ていますので、誤用を防ぐためにも有効な方法です。
■ 草丈は30〜50cmほどで、茎は細毛が密生し、よく分枝して地面を這います。葉は対生し有柄、葉身は掌状に3〜5裂して、裂片には鋸歯があります。 花期は7〜9月、葉腋から長い花柄を伸ばし、先に2輪の花をつけます。花はガク片5、花弁5、雄しべは10、雌しべは1個で先は5裂します。 花の色は、東日本では白花が多く、西日本では赤花になりますが、同種で効能に差はないとされます。
果実は熟すと、はじけて丸い種子を跳ばし、開裂した形が神輿の屋根に似ているとして、「みこしぐさ」の別名があります。 属名 Geranium は、ツル(鶴) 由来。果実の形状をツルのクチバシにみたてたもの。種小名 thunbergii は、人名由来です。
ゲンノショウコ Geranium thunbergii Sieb.et Zucc.
このページの先頭へ