2015.03.
アミガサユリ  ユリ科
貝母 バイモ ) [ 局 ] 漢方薬
■ アミガサユリは、中国原産の多年草で、日本には薬草として渡来しました。 乾燥気味の場所を好み、全体に無毛、茎は直立し、高さは50cm程度になります。下部の葉は広線形で、3〜5枚が輪生し、上部では互生、線形の葉は先端が巻きひげ状になり、他の草などに絡まります。

春、上部の葉腋にひとつづつ、釣鐘型の花を下向きにつけます。花被片は淡い黄緑色で、外面には緑色の平行脈があり、内面には暗紫色の網目状の模様があります。 和名のアミガサユリ(編み笠百合)は、網状斑を「編み笠」に見立てて名づけられました。花被片6、 雄しべ6、 雌しべは1個で先端は3裂します。 観賞用として栽培され、茶花としても人気があります。一部は逸出して、野草化もしています。

■ 薬用とするのは鱗茎で、白い鱗片二つが合わさって球状になります。中国名の貝母は、鱗片の様子を二枚貝に見立てたものです。 生薬名バイモは、漢名の音読みからつけられています。成分のアルカロイドには、鎮咳作用やアトロピン様作用があり、鎮咳、去痰、止血などを目的として、漢方に処方されています。

属名 Fritillaria は、花の形をサイコロを入れる筒 fritillus に見立てたもの。種小名 verticillata は、輪生の の意味。変種名 thunbergii は、人名由来です。
アミガサユリ Fritillaria verticillata Willd.var.thunbergii Baker
このページのトップへ↑