2015.03.
アケビ / ミツバアケビ  アケビ科
木通 ( モクツウ ) [ 局 ] 漢方薬・食品など
■ アケビは、つる性の木本で、林縁などに普通にあり、春の若芽は山菜として利用できます。 4〜5月に、芳香のある雌雄の異なる花を咲かせます。3枚の花弁のように見えるものは、ガク片にあたり、小さく淡紫色である方が雄花です。 雌花のガク片は暗紫色で、雄花よりも大きく、円柱状の雌しべが放射状につきます。葉は互生の掌状複葉、全縁で長楕円の小葉が5枚あります。 種小名 quinata (五つの の意)は、この小葉の数からつけられています。 属名 Akebia は、和名のアケビ由来です。

秋には、楕円体に熟した果実が縦に割れ、種子を包む白い果肉が現れます。その様子を実が開けるとして、開け実。転じて アケビ になったといわれています。 熟した液果は甘く、食べることができますが、種子が多くて可食部分が少ないのが難点です。また果皮も調理すると食用になるとされますが、一般的ではないようです。
アケビの蔓は強く、昔は生活用品であった籠を編むのに利用されました。現在では、野趣豊かな材料として、愛好者がバスケットなどを編むのに使われることがあります。

■ アケビとミツバアケビの木質化した太いつるは、生薬名を 木通(モクツウ)といい、厚さ2〜3mmに輪切りにして使用します。 消炎・利尿・鎮痛・通経作用を目的とした漢方薬に処方されます。
 アケビ Akebia quinata Decne.
■ アケビの仲間には、小葉3枚のミツバアケビがあります。 葉にはまばらな鋸歯があり、花の色は雌雄ともに濃い暗紫色、アケビと同様の利用をされます。種小名 trifoliata (三つ葉の の意)は、小葉の数から。
 ミツバアケビ Akebia trifoliata Koidzumi
このページの先頭へ